Wine List 【 S-3789 】

 2008がファーストヴィンテージ
限定
 JUAN GIL 最上級キュヴェ

 

18 Meses

果実濃厚!

樽しっかり!

収量 12hl / ha

カベルネ&シラーブレンド


 

ボデガ ファン・ヒル、ディエシオチョ・メセス
フミーリア 赤

Bodegas Juan Gil. 18 Meses 2014
Jumilla D.O


生産地 : スペイン、フミーリアDO
生産者 : ミゲール・ヒル(ファン・ヒル社)
ワインメーカー : バルトロ・アベリャン氏
品種 : モナストレル60%、カベルネソーヴィニォン30%、シラー10%
樹齢 : 55年(モナストレル)
単位収穫量 : モナストレル(12hl/ha)、カベルネ・ソーヴィニォン(12hl/ha)、シラー(23hl/ha)
醸造・熟成 : フレンチオークとアメリカンオークのバリックで18ヶ月熟成
アルコール度 : 15.5%
容量 : 750ml
タイプ : 赤ワイン。 フルボディ
希望小売価格 : 

スペイン・フミーリャ地方をバルクワインの産地から高品質の元詰めワインの産地へと導いた立役者エル・ニドの生みの親であるフアン・ヒルが新たに手掛ける極上のフルボディワインです。
12hl/haという驚異的な低収量の古樹のモナストレルに、同じく極低収量のカベルネ・ソーヴィニヨンとシラーをブレンドすることで生まれました。
とびきりの凝縮感と複雑さ。しかしただ『濃い』だけでなく、エル・ニドを彷彿とさせるエレガンスも備えており、正しくこのトップボデガの最上級キュヴェに相応しい偉大なワインたる風格が漂っています。

 

 

 
ミゲル・ジル氏(右)とバルトロ・アベリャン氏

 
フミーリアDO
  

1916年にフアン・ヒル・ヒメネスによって設立され、4世代に渡ってワインを造り続けるフミーリャを代表するボデガ。夏は40度に達するほど暑く、冬はしばしば氷点下に見舞われるほど寒さが厳しい大陸性気候のフミーリャは、年間3000時間もの日照時間に恵まれるが、降水量はわずか300mmと非常に乾燥した土地である。フミーリャの街から10km離れた地、テルミノ・デ・アリバ(『天井の果て』の意)に、醸造スタッフ自ら設計に関わってセラーを新設。海抜は700mと、フミーリャで最も高い場所であるが故にその名で呼ばれており、何世紀にもわたってワイン造りが行われている歴史ある地所である。

 
石で覆われた畑とモナストレルの古木

 
モナストレルの房
  

セラー周辺、海抜700-850m地点に広がる畑の土壌は、その厳しい自然条件ゆえに、石がゴロゴロとした砂っぽい石灰質で痩せている。土地固有のブドウであるモナストレルは、古樹では樹齢40年を超え、若樹ではモナストレルに加え、シラー、カベルネ、メルロー、プティ・ヴェルド等のフランス系品種も栽培されている。どのブドウもこの痩せた土壌に相性が良く、厳しい環境の中で収量は自然と制限され、粒の小さいブドウからはフルボディで香り高く、色調、アロマ共にリッチなワインが生まれる。土地の性格をそのまま引っ張り出してきたようなワインは、スパイスとフルーツのニュアンスに溢れ、また、畑の海抜が高いため、凝縮感だけでなくエレガンスも備える。

 
ヴィンヤード


南の地ながら標高が高いので雪も降る
 

 

ボデガの4代目ミゲル・ヒルはフミーリャの伝統を守る昔ながらのワインメーカーである一方、現代スペインワインの立役者でもある。スリー・リバーズを手掛ける天才醸造家クリス・リングランドを醸造監修に迎え、スペイン最高峰のワインを目指した壮大なプロジェクト、『エル・ニド』では、彼自身がオーナーを務め、見事フミーリャのポテンシャルと、モナストレル本来の質の高さを世界に知らしめた。


エル・ニド


エル・ニド、クリオ

2003年よりフアン・ヒルで醸造担当として手腕をふるうのは、「リッチで、フミーリャのキャラクターが詰まった赤を造らせればトップクラス」と名高い醸造家、バルトロ・アベリャン。この地の気候、テロワール、ブドウをこよなく愛する彼らのワインには、ロバート・パーカーも「魅力的な高品質ワインを、驚くべき価格で世に送り出している」と賛辞を送っており、特にトップキュヴェのシルバー・ラベルを「価格が5倍の一流ボルドーにも引けをとらない」と絶賛している。
(インポーターのHPより転載)

ボデガ ファン・ヒルのワイン

  S-3784 ファン・ヒル、 、モスカテル

  S-3785 ファン・ヒル、ペドレラ

  S-3786 ファン・ヒル、4(クアトロ)・メセス

  S-3788 ファン・ヒル、シルバーラベル

  S-3789 ファン・ヒル、18(ディエシオチョ)・メセス


ご注文は【訪問販売法に基づく表記】をお読みの上、メール・FAXでお願いします。