WineList 【 i-4019 】

2015
トレ・ビッキエーリ獲得

「トッレヴェント」から衝撃のコスパワインが入荷


価格はイメージをクリック
してワインリストで
 

トッレヴェント、
ボーロネーロ 2012
カステル・デル・モンテ 赤

Torrevent
Bolonero 2012
Castel del Monte Rosso 750ml


産地 : イタリア、プーリア州、カステル・デル・モンテDOC
生産者 : トッレヴェント社(オーナー:フランチェスコ・リアントニオ氏)
ブドウ品種ネロ・ディ・トロイア(ウーヴァ・デ・トロイア)70%、アリアーニコ種30% 
アルコール度 : 12.5%
醸造 : ステンレスタンク醗酵、ステンレスタンク熟成
容量 : 750ml
生産量 : 約350,000本
タイプ : 赤ワイン、ミディアムボディ
希望小売価格 : \1,620.
評価 : 2015 : トレ・ビッキエーリ

果実味にあふれるウーヴァ・ディ・トロイア種とアリアニコ種のブレンドワイン。神秘の城、世界遺産の「カステル・デル・モンテ」を見下ろす畑で造られています。

ラベルデザイン
カステル・デル・モンテを造った神聖ローマ帝国皇帝フェデリコ2世が鷹狩りが好きだったため、鷹がデザインされています。また明らかではありませんが当時カステル・デル・モンテを造った目的には多くの謎があり、聖杯とも関係があるとされているとの話しがあったため2つを組み合わせたデザインになりました。

 


カステル・デル・モンテ

【 トッレヴェント社 】
カステル・デル・モンテ近郊に位置するワイナリー。
そのワインは品質面で高い評価を獲得、海外マスメディアの評価が高い。その生産量の多くがウーヴァ・ディ・トロイア種であり、この葡萄の個性を最大限に引き出しています。
プーリアのこの地に1700年から存在したとされる畑は、現当主、フランチェスコ・リアントニオ氏の祖父が1948年に購入。1989年より自社瓶詰めを開始し、当時修道院跡であった場所を修復し、ワイナリーの一部としています。

ワイン名の由来にもなっている「カステル・デル・モンテ」は、神聖ローマ帝国皇帝フェデリコ2世が建設した城で、軍備施設を持たず、攻撃防御が出来ない構造となっています。
存在の理由が現在も謎とされており、夏至にはこの中から天空にヴェガ(北極星)が一望でき、宇宙的な力を得るためであったなど、神秘的な伝説も持ちます。1996年に世界遺産に登録され、イタリアにおけるユーロ1セントコインのデザインにも使用されています。
この城がトッレヴェントのブドウ畑を見守ってきたのです。

  i-4019 ボーロネーロ  カステル・デル・モンテDOC

  i-4020 ヴィーニャ・ペダーレ、カステル・デル・モンテ リゼルバ DOC

  i-4021 オッタゴノ、カステル・デル・モンテ ネロ・デ・トロイア リゼルバDOCG


ご注文は【訪問販売法に基づく表記】をお読みの上、メール・FAXでお願いします。