WineList 【 i-0893 】

3大プロセッコの一つルジェーリ

「ニーノブランコ」や「アダミ」と並んで3大プロセッコの1つと称される『ルジェーリ』。
現在は父親と二人で経営するパオロ・ビゾル氏がワイナリーを支えています。納得できる品質のブドウを手に入れるために契約農家を一軒一軒奔走し、醸造においてはシュール・リーを3ヶ月以上行い、繊細な泡を生み出すために二次醗酵をゆっくり行うなど、ワインの品質の向上に向け、日々真摯に取り組んでいます。
パオロ氏の正直で繊細な、物腰柔らかな人柄をよく表したワインは、プロセッコ史上初めてガンベロ・ロッソ誌において最高評価を獲得するなど、高く評価されています。


価格はイメージを
クリックして

ルッジェーリ、 ジャスティーノ・B
プロセッコ・エキストラ・ドライ
プロセッコ・ディ・ヴァルドッピアデーネ

Ruggeri. Giustino B
2014 Prosecco Extra Dry
Prosecco die Valdobbiadene D.O.C.G


生産地 : イタリア、ヴェネト州、
プロセッコ・ディ・ヴァルドッピアデネDOCG
生産者 : ルッジェーリ社(オーナー パオロ・ビゾル氏)
ブドウ品種プロセッコ(グレラ)種100% 
収穫 : 手摘み。
醸造 :特殊なエアバックプレス機でソフトプレス。種子のまわりのモストのみを抽出。アルコール醗酵後、3ヶ月間シュール・リー。二次醗酵はシャルマ方式で12〜14度の密封式ステンレスタンクで約3ヶ月ゆっくりおこなう。ガス圧、残糖度、アルコール度が基準値に達したところで冷却(ー2〜−3℃)で醗酵を止める。その後数週間酵母に触れさせた状態で置き、瓶詰め。さらに出荷まで数ヵ月寝かせる。
年間生産量 : 16,000本
アルコール : 11.5%
ガス圧 : 4.5気圧
タイプ : スパークリング・白。 やや辛口
2014Vnt評価 : ヴァロネリ2016: 91Points
参考評価 :
 トレ・ビッキエーリ( 2009,2010Vnt)
透明感のある細かな泡。青リンゴやレモン軽い酸味、フルーツのサラダなどの爽やかな香り。口に含むと、当たりが非常に軟らかい。ミクロとも言える細かい泡。ガス圧が4.5ということもあってか、ソフトでとってもエレガント!シャルマ方式でここまで完璧にガスがワインに溶け込むものだろうか?と、驚くばかり・・・。適度に厚味もある。
こんなに洗練されたスパークリングを飲むのは久しぶり!(インポーターの試飲会で)

 
長期間のシャルマ方式が生み出す最高品質のプロセッコ
ニーノ・フランコ、アダミと並んで3大プロセッコの生産者の一人と言われるルッジェーリ。短期間で大量生産できるとされるシャルマ方式だが、ルッジェーリは二次醗酵をゆっくり行うことで、繊細できめ細かい持続性のある泡を持つ最高品質のプロセッコを作り上げ、プロセッコに新しい表現を加えた作り手として注目されています。
季刊ワイナート23号(2004夏号)の【プロセッコテースティング】では、87点でTop3となり、参考品を除くと最高点の評価を得ました。
そのコメントは『なんと酸が綺麗でしなやかなのだろう!伸びやかな果実味に、クリスピーさとミネラルがぎゅっといり込み、見事なまでのエレガントさ。青リンゴ、レモン、ハーブなどアロマティックな香りを漂わせる。洗練されたリストランテのスズキのグリルに合わせたい。』と。
 
プロセッコって?
プロセッコはブドウの品種名でプロセッコ種で造ったワインは総てこう呼ばれますが、一般にプロセッコと言うと、スプマンテのDOC(正式にはDOCプロセッコ・ディ・コネリアーノ・ヴァルドッビアデーネ)のことを指します。しかし、実際にはスティルワイン、フリツァンテ、スプマンテもプロセッコと呼ばれ、その味わいもセッコ(辛口)、アマービレ(やや甘口)、ドルチェ(甘口)など多岐にわたります。
2009年にDOCGが制定され、
コネリアーノ、ヴァルドッビアデネ、コッリ・アゾラーニ、アゾラらの村々に限定されたDOCGと、それらが2009年にDOCG昇格した際の受け皿として、同年に誕生したDOCプロセッコである。
プロセッコ(グレラ種)の品種名だけで構成されたDOCは、ヴェネト州全域からフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州のヴェネツィア、トレヴィーゾ、ウディネ、トリアステの各県までの広大なエリアにまたがり、世界中から増大する需要を賄う。
その多様性から「いま、プロセッコがおもしろい」と、注目されており、とりわけDOCGプロセッコは高品質にして、最もトレンディなスパークリングとしてますます期待されている。
 

ご注文は【訪問販売法に基づく表記】をお読みの上、メール・FAXでお願いします。