ジョージアのワイン
WineList

話題のオレンジワイン

8000年の歴史-クヴェヴリ醸造

ワイン発祥の地として知られるコーカサス地方のワインに注目が集まっています。その中心となるのがジョージア(2015年まで日本ではグルジアと呼ばれていました)です。
コーカサス地方はジョージア、アルメニア、アゼルバイジャンの3国から成り、黒海(西)とカスピ海(東)の間に挟まれたコーカサス山脈と、それを取り囲む地域からなります。ジョージアは黒海に近い南コーカサス地域に位置する小国で、北にロシア、南東にトルコが隣接します。旧ソビエト統治時代も含め8000年以上もの間途切れることなくワイン造りが行われてきた、歴史的にも考古学的にも大変重要なワイン産地です。そして現在も500を超える貴重な固有品種が存在します。
ジョージアでは昔ながらのクヴェヴリを使った伝統的なワイン造りが今も大切に守り受け継がれていますが、ワインの近代化も進みヨーロッパ的なステンレスタンク等が持ち込まれたことで、ワイン造りも大きく変化を遂げました。この結果、今では全生産量の僅か10%程が伝統的なクヴェヴリを使用したワインです。現在のクヴェヴリは地中に埋められていますが、古くは地上にも置かれていたようです。しかし幾つかの大地震により多くが破壊されたことから、強度を高める事を目的にクヴェヴリを地中に埋めるようになりました。地中は温度が低く通年を通して安定しています。この結果、醗酵・醸しにも利点が多かった点も、地中での醸造が現在も続いている大きな理由と言えるでしょう。

そしてこのクヴェヴリでの醸造は、2013年12月ユネスコ世界文化遺産(人類の無形文化遺産部門)に登録されました。

クヴェヴリ仕込みで醸造した白ブドウから生まれる”アンバー・ワイン”(オレンジ・ワイン*)は、近年の回帰的なワイン造りによる”ナチュラル・ワイン”や”オレンジ・ワイン”ブームと相まって、世界的にも脚光を浴びるようになりました。
オレンジ・ワインとは、古典的なワイン醸造方法によって生まれる特殊なワインのスタイルを意味します。

 


2018/05/02

このページの表示価格は税込み価格となっております。

 ご注文は【訪問販売法に基づく表記】をお読みの上、メール・FAXでお願いします。

品番

ワイン名

Web価格

Ge-01


クヴェヴリ、ムツヴァネ 2016 クヴェヴリ・ワイン
  (オレンジワイン)

\5,950.

Ge-02


クヴェヴリ、ルカツィテリ 2016 クヴェヴリ・ワイン
  (オレンジワイン)

\4,680.

Ge-04


シャラウリ、ムツヴァネ 2015
  アンバーワイン(オレンジワイン)

\3,300.

Ge-05


シャラウリ、ヒフヴィ 2016
  アンバーワイン(オレンジワイン)

\3,300.

Ge-06


シャラウリ、サペラヴィ 2015
  

\3,850.

Ge-07


マカシヴィリ、サペラヴィ 2016
 

\2,845.

Ge-08


マカシヴィリ、キシィ 2016
  アンバーワイン(オレンジワイン)

\2,935.

Ge-09


マカシヴィリ、ルカツィテリ 2015
  アンバーワイン(オレンジワイン)

\2,615.


ご注文は【
訪問販売法に基づく表記】をお読みの上、メール・FAXでお願いします。