WineList 【 F-8893 】

Ch.ムートン・ロートシルトが造る
グレードの高いボルドーの白
Aile d'Argent


シャトー・ムートン・ロートシルト
エール・ダルジャン
ボルドー・白

Chateau Mouton Rothschild
2007 & 2009 Aile d'Argent
AOC Bordeaux Blanc


産地 : フランス、ボルドーAOC
生産者 : バロンヌ・フィリピーヌ・ロートシルト社
品種 : セミヨン 78%、ソーヴィニォン・ブラン 20%、ミュスカデル 2%
平均樹齢 : 16年
発酵 : 60%を直接圧搾し、40%マセラシオン・ペリキュレールのあと、18℃以上にならない温度調節機能つきのステンレス製のタンクで8〜10℃で醗酵。
熟成期間 : 醗酵後オーク樽(新樽50%/1年樽50%)で10ヶ月の熟成を行い、澱と共に数週間静置。
アルコール度 :13.0%
年間生産量 : 約15,000〜20,000本

1971ヴィンテージよりCh.ムートン・ロートシルトの造る貴重な白ワイン。

このワイン名は、現オーナーのバロンヌ・フィリピーヌ・ロートシルトが父の故バロン・フィリップ男爵から聞いた魔法のティー・ポット“エール・ダルジャン(銀の翼)”の話にちなんで名づけられたそうです。

  
2004Vnt & 2006Vnt & 2007Vnt


2009Vnt

 
 参考<インポーターの 「2003Vnt」 テースティング・コメント>
ゴールドの輝きのある、美しい力強い麦わらの色合い。愛らしい豊かなノーズ、程よく開いており、続いて生き生きとしていて完熟した、桜桃のようなトロピカルフルーツを想わせ、そこに軽くキャラメルのタッチ、甘みのあるナッツ、ローストアーモンドといった樽熟成によるニュアンスが加わる。口の中では、まるみがあり、みずみずしく、エレガントでよく溶け込んだ樽が感じられ、バランスがあり、果実味が良く表現されています。ドライアプリコットやハチミツのアロマに火打石といったミネラルが感じられる。長く力強いアフターは、暑いヴィンテージによる豊かな味わい。

ご注文は【訪問販売法に基づく表記】をお読みの上、メール・FAXでお願いします。