Wine List 【 F-8556 】

アヴィーズの天才レコルタン ピエール・カロ・エ・フィス

最新作 le Chemin de Paradis

グラン・クリュ アヴィーズ100%
シャンパーニュ エクストラ・ブリュット

 

コート・デ・ブランのアヴィーズ村に本拠を構えるピエール・カロ。
ボランジェにブドウを提供している知る人ぞ知るレコルタン。
アヴィーズ,クラマン,シュイイ,グローヴの4つの村に合計7.25ヘクタールの畑を所有しているが,そのうちの2.25ヘクタールで栽培するブドウはすべてボランジェによって購入されている。
また,ボランジェがアヴィーズ村に所有する0.6ヘクタールの区画の栽培も小作契約で任されているレコルタンでもある。

カロの造るブドウはボランジェも惚れ込むほど,極めてクオリティの高いものなのだ。しかし,カロは自身のドメーヌ・シャンパーニュでも高い評価を得ている。
『アシェット』には毎年掲載される常連でもあるし,『メイユール・ヴァン・ド・フランス』においては,「クリュッグ・スタイルの熟成に値するシャンパーニュ!」とまでコメントされているほどだ。
コート・デ・ブランのシャルドネを主体に,安定感抜群でフィネスとエレガントさを兼ね備えたカロのシャンパーニュは,ドメーヌの元詰めシャンパーニュの年間総生産量は4万本前後しか造られないこともあり,毎年フランス国内の昔からの顧客を中心に直販され,国外に輸出されるのはごくわずか。


 

 

 

ピエール・カロ
ル・シュマン・ド・パラディ
エキストラ・ブリュット グラン・クリュ

Pierre Callot.
le Chemin de Paradis NV
Extra Brut Grand Cru


産地 : フランス、シャンパーニュ地方、コート・ド・ブラン地区、アヴィーズ村
格付け : AC.シャンパーニュ グラン・クリュ
生産者 : ピエール・カロ・エ・フィス(6第目当主:ティエリー・カロ)
醸造責任者 : ティエリー・カロ
品種 シャルドネ100%
樹齢 : 45年
醸造 : 単一年(2013年)の収穫ブドウ60%と前年収穫のブドウ20%,リザーヴ・ワイン20%。ステンレス・タンクでシュール・リーの状態で12ヶ月熟成。マロラクティック発酵(一部)実施後,瓶内二次発酵で38ヶ月の熟成。
デゴルジュマン : 2017/4月
ドサージュ : 6.4g/L
アルコール度 : 12.0%
容量 : 750ml
タイプ : 発泡ワイン・白(シャンパーニュ)。辛口(エキストラ・ブリュット)。
希望小売価格 : \16,470.
 リュット・レゾネ

ドメーヌの最新キュヴェ。石灰質土壌で栽培される樹齢45年のアヴィーズ産のシャルドネ100%に由来。単一年(2013年)の収穫ブドウ60%と前年収穫のブドウ20%,リザーヴ・ワイン20%。ステンレス・タンクでシュール・リーの状態で12ヶ月熟成。マロラクティック発酵(一部)実施後,瓶内二次発酵で38ヶ月の熟成を行う。ドザージュ:6.4g/lit. 。
梨やマンゴーの複雑なアロマに,アプリコットの上品なノート。恰幅の良い複雑な味わいには,オレンジやレモンの皮の清涼感とエレガントさが感じられる。
 

鳥、蝶、鹿などとブドウの木が共に描かれたラベル。自然との調和の中でワイン造りを続けるカロのメッセージを代弁すべく、ラベルの下部にはドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェの言葉が記されています。
地を耕したいのなら、犂を使って耕すがよい。犂の背後を行く鳥とと狼を喜ばすだろう。おまえはすべての生き物を喜ばすのだ。

 

★当主からのメッセージ★
このシャンパーニュのボトル、ワインが、何世紀にも亘り受け継がれてきた伝統と、テロワールに息づく酵母や動植物相と人間へのリスペクトが織り込まれた一品となりますように。それが私たちの喜びです。耕作、葡萄樹の除葉、葡萄栽培家である私たちの手作業と入念な仕事が、卓越を生むための欠かすことの出来ない前提です。
(ティエリー・カロ)

 
 

 カロ家の祖先,ルイ・カロ/Louis CALLOTがアヴィーズに定住したのは1780年頃のこと。そして,その息子がアヴィーズ村に最初のブドウ畑を購入,畑は代々家族で受け継がれてきた。その後,1860年に生まれたオーギュスト=ルイ/August-Louisがドメーヌで初めて醸造を行う一方,メゾン・ロデレールの醸造も手掛けていたという。
 1971年,カロ家はメゾン・エイドシックがアヴィーズ村に所有していた畑と醸造所,セラーを買い取り,ネゴシアンに提供するブドウの圧搾を開始した。
1985年にドメーヌ・ピエール・カロを設立し,元詰めシャンパーニュの醸造に着手した。1987年には,醸造学の免状を取得後,ボルドーやシャンパーニュのテタンジェ,ヴランケンなどで働いていたティエリー/Thierryがドメーヌに参画し,1996年にドメーヌの当主に就任した。
現在,ドメーヌは7.25ヘクタールの畑を所有。栽培は環境に配慮したリュット・レゾネを実践しており,土も耕耘している。その他,年間を通じて行われる畑での作業のすべてが手作業で行われ,ブドウも丹念に手摘みで収穫している。所有する畑で栽培されるブドウのうち,5ヘクタールで収穫したブドウのみがドメーヌのシャンパーニュの醸造に使われ,既述の通り,2.25ヘクタールで栽培されるブドウは,すべてボランジェが購入している。

  

ご注文は【訪問販売法に基づく表記】をお読みの上、メール・FAXでお願いします。