ごけいじ
御慶事

令和3年(令和2酒造年度)全国新酒鑑評会
2回連続金賞受賞、南部杜氏の技が光る!
大吟醸原酒 金賞受賞酒

 全国新酒鑑評会とは「独立行政法人酒類総合研究所」の主催で行われる、全国規模では唯一の鑑評会です。
その年に製造された清酒を全国的な規模で調査・研究することにより製造技術と酒質の現状及び動向を明らかにして、清酒の品質向上に寄与する事を目的とした審査会で明治44年に始まり100回を超える歴史ある会です。


JS-888


720ml1本 箱入り
\4,400.

 

 

産地

茨城県古河市

生産者

青木酒蔵株式会社

代表者

7代目蔵元 青木滋延

杜氏

箭内和広

原材料

米・米糀・醸造用アルコール

原料米

山田錦(兵庫県特A地区産)

酵母

M310(10号系)

精米歩合

(掛米・麹米) 38%・38%

造り

大吟醸

アルコール度

17 %

販売本数

1800ml×250本、720ml×1000本

日本酒度

+2

酸度

1.1

アミノ産度

0.6

荷姿

720ml瓶、オリジナルカートン入り

発売

2021年6月18日入荷予定

2013年 箭内和弘杜氏が就任以来、着実に酒質が上がり、様々な賞を受賞し、注目を集めている蔵元。今年は南部杜氏自醸清酒鑑評会でも、「吟醸の部」「純米の部」両方とも優等賞を受賞しています。
全国新酒鑑評会では2回連続金賞受賞に輝きました。
兵庫県産特A地区の最高級の山田錦を使用し醸した、杜氏渾身の大吟醸原酒です。香りは華やかでしっかりとした甘さを感じますが、キレ味はとてもよく絹のような優しい味わいに仕上がっています。
 

 

青木酒造は天保2年(1831年)十一代将軍家斉の時代に、茨城県西部渡良瀬川と利根川の交わる古河に創業しました。現在では古河唯一の地酒を造る酒屋として、小規模ながらも家族で営み、代々受け継いできた土地や伝統を守っています。
清酒・御慶事は三代目当主が大正天皇御成婚の折、皇室の繁栄と日本の国のますますの隆盛への願いを込めて「最高のよろこびごと」という意味で「御慶事」と命名したのです。
古河で唯一の地酒として地元をはじめ、広く愛飲されております。


ご注文は【訪問販売法に基づく表記】をお読みの上、メール・FAXでお願いします。