WineList 【 P-7154 】

 日本の夏に
ヴィーニョ・ヴェルデ!


価格はイメージを
クリックして
ワインプライスリストで

 

 

キンタ・ダス・アルカス
ベレヌス ヴィーニョ・ヴェルデDOC 微発泡・白

Quinta das Arcas
Belenus 2021 Vinho Verde
D.O.C.

 

産国

ポルトガル、ミーニョ地方

産地呼称

ヴィーニョ・ヴェルデDOC

生産者

キンタ・ダス・アルカス社

品種

ローレイロ50%、アリント40%、トラジャドゥーラ10%

ヴィンテージ

2021

醸造

醗酵はステンレス・タンク、熟成もステンレス・タンク 3ヶ月

アルコール度

9,5%

容量

750ml

スクリューキャップ

生産本数

291,000本

タイプ

微発泡・白ワイン。軽い辛口

気圧

1.6気圧

残糖

20 g/L

サービス

7℃〜9℃/ now 〜 2024年

保存方法

紫外線を避け、冷暗所

インポーター

モトックス 4997678171544

入荷日

2022年6月

ビオ情報

サステーナブル農法
ヴィーガン認証

 フレッシュでキレのある酸味と非常にフルーティな果実味。ヴィーニョ・ヴェルデ特有の微発泡感が心地よく、爽やかな白ワイン。
ヴィーニョ・ヴェルデとは直訳すれば緑色のワインという意味で、
若いうちに楽しむワインを生産するポルトガル北部、ミニョ河一帯の比較的冷涼な産地のDOです。
 
使用ブドウ品種について
アリント種 Arinto : 白ブドウ。ポルトガルのベスト白品種と考えられる。別名ペデラーニャ。酸も多くポテンシャルは高い。
ローレイロ種 Roureiro : 白ブドウ。ポルトガル全土で栽培されている。主にブレンド用に用いられる。地域により、コディガ、コドン、シリア、マルバジア・グロッサなどと呼ばれる。
トラジャドゥーラ Trajadura : 白ブドウ。ポルトガル、ミーニョ地方全域で栽培されているブドウ品種。酸味の控えめなデリケートなアロマを持っており、金色がかった淡い黄色、熟したリンゴやモモのアロマが特徴的です。フレーバーはスムースで、暖かく、口当たりまろやかなワインとなります。
 
 
キンタ・ダス・アルカスは、アントニオ・エステヴェス・モンテイロ氏により1985年に設立されました。自社畑はワイナリー設立の10年前から時間を掛けて丁寧に整備され、区画の統合や近代的な農業技術の導入が行われました。1985年の設立後すぐに初めてのヴィーニョ・ヴェルデをボトリングし、市場にリリースしています。1970年代には自社畑はたった2haでしたが、長年の努力のおかげで、今では280haの自社畑を管理するまでに成長しています。現在は品質の高いヴィーニョ・ヴェルデの生産者のひとつとして存在感を高めています。
オーナーのアントニオは「私たちのワインは、献身的な畑仕事や自然との持続的な調和によってもたらされる果実そのものです。ワインはその1本1本が、フレッシュでありながら凝縮感のある多彩なアロマを表現しています。私たちのワインが、飲み手に新たな感情をもたらすものであってほしいと願っています。」と語ります。
ケルト文化への敬意を表したラベルデザイン
 ベレヌス ヴィーニョ・ヴェルデはケルト神話の“太陽と光の神 ベレヌス”への賛辞を表現しています。ケルト文化はポルトガル北部に今も息づいており、地域の文化・習慣・お祭りなどに色濃く影響を残しています。この地域では、太陽が再び燦々と輝きだす春の初めに太陽の神「ベレヌス」を讃えるお祭りが開催されます。このお祭りがヴィーニョ・ヴェルデの新ヴィンテージのリリースと時を同じくすること、キンタ・ダス・アルカスはケルト文化とこのお祭りの影響が強く残る町ソブラードに位置する造り手であることから、ベレヌス ヴィーニョ・ヴェルデが生み出されました。

 


ご注文は【訪問販売法に基づく表記】をお読みの上、メール・FAXでお願いします。