ごきょう

酒井酒造株式会社
山口県岩国市
杜氏: 中間 史彦

令和2年は山口県新酒鑑評会 吟醸酒の部で『最優等賞』を受賞
その実力は、
全国新酒鑑評会でも堂々の『入賞』を果たす!

 

JS-095


720ml 詰
1本箱入り
\3,455.(税込み)
在庫 6本

 

五橋
『西都の雫』・大吟醸


産国

日本、山口県岩国市

生産者

酒井酒造株式会社

醸造責任者

中間 史彦

原材料名

米・米糀・醸造用アルコール

原料米

【掛米】西都の雫(山口) 精米歩合 : 40%
【麹米】山田錦(山口) 精米歩合 : 40%

使用酵母

きょうかい1901、きょうかい9号

日本酒度

+3.5

酸度

1.6

アミノ酸度

1.0

アルコール度

17.0度

容量

720ml

その他

生詰め、瓶燗・瓶囲い

詰口年月

令和2年6月(令和元年酒造年度酒)

評価

山口県で開発された酒造好適米「西都の雫」を原料米に醸した大吟醸酒。「西都の雫」は幻の酒米「穀良都」を母に持ち、優良な好適米「西海222号」を父に持つ。しかもその祖父は「山田錦」という、いわば酒造好適米界のサラブレット。血筋のよさは折り紙付なのです。
ふくらみのある華やかな吟醸香の中に、第一印象に果実様の柔らかな甘味を感じさせる口当たり。全体をキリッと引き締めるシャープな酸味、後を引かないキレの良い苦味、軽快だけれども確かに感じる米の旨味。
心ゆくまでお楽しみ下さい。

 

 

山口県新酒鑑評会「最優等賞」受賞時の仲間杜氏のコメントを紹介します!
※今年4月発表の山口県新酒鑑評会では、「吟醸の部」で『大吟醸 西都の雫』が、「純米酒の部」で『純米大吟醸50』が、最高賞にあたる『最優等賞』をW受賞という快挙を達成しています。
原料は「西都の雫」40%白米を主に用いております。
承知の通り山口県オリジナル酒米ということで、H18by以降力を入れて出品しております。例年に比べ米質のばらつきが大きく(山口県産米のみ使用するも)特に原料処理には気を使いました。米が硬質ということもありハゼ込みの弱く力価の上がらない麹が出来上がりましたので、蒸をやわらかくとり、菌の摂取量も若干増やし製麹時間を延長して調整しました。
気候は、非常に温暖な冬で(昨年が冷えすぎましたから)したから、もろみの冷え込み等もありませんでしたので、もろみ管理は容易でした、ただ、コメが固い傾向にありましたので最高BMD
が低く、低温発酵しましたが、結局短期もろみとなりました。※BMDとは醪の比重を表すボーメの数値と発酵日数を掛け合わせた数値.
設備では搾り機が2台体制になり(3年目)ベストな状態で搾れ、製品を処理するスピードが一段と早くなった印象を持っています。搾り後、生酒は翌日〜3日後には瓶詰めしております。新規導入したジュール式熱交換も始動しておりジュール式加熱で昇温、プレートヒーターで急冷と行うことでこれまでにないフレッシュな状態で瓶詰めされていると思っています。 (当社比)火入れでも生酒みたい・・・爆謎
若いスタッフも経験を積んでより良い処理ができており、搾りから瓶詰めまでスムーズに移行しております。
最優等賞になったことを蔵人一同非常に満足しています!
 

全国新酒鑑評会」は、毎年春に開催される日本酒業界最大規模の日本酒コンテストです。 
明治44年に始まり、終戦時の昭和20年と主催する酒類総合研究所が東京から広島へ移転した平成7年を含む2回の休止を経て、平成28年で通算104回目の開催となります。
現在は、独立行政法人酒類総合研究所と日本酒造組合中央会の共催での開催です。
審査と、清酒製造者及び技術者等を対象とした製造技術研究会は、酒類総合研究所が担当し従来通り東広島で開催され、一般消費者及び流通関係者を対象とした公開きき酒会は、日本酒造組合中央会が担当し東京で開催されます。
近年、出品点数は減少を続け、平成22年移行は900点台を割っていますが、その中から予審を通過した約半数が「入賞酒」として選ばれ、更に、その中から、結審を通過した約半数が「金賞酒」として選ばれ表彰されます。出品酒の約4分の1が「金賞」を受賞するコンテストですが、競争率にすれば「金賞受賞」は約4倍の難関でもあります。
そのため、毎回連続して「金賞」を受賞するのは至難の業であり、全国の酒蔵関係者は、毎年この時期になると一喜一憂させられることになります。

今年・令和2年は新型コロナウイルス感染症の影響により、5月12日(火)および5月13日(水)に予定されていた決審が中止となりました。
そのため、今回は入賞酒のみが決定され、金賞酒の選定はありませんでした。

 


お酒は20歳になってから
ご注文は【訪問販売法に基づく表記】をお読みの上、メール・FAXでお願いします。