ごきょう

酒井酒造株式会社
山口県岩国市
杜氏: 中間 史彦


JS-095


720ml 詰
1本箱入り
\3,455.(税込み)
在庫 18本

 

五橋
『西都の雫』・大吟醸


原材料名 : 米・米糀・醸造用アルコール
原料米 : 
【掛米】西都の雫(山口) 精米歩合 : 40%
【麹米】山田錦(山口) 精米歩合 : 35%
アルコール分 : 16.8度
使用酵母 : 9H 協会1801
日本酒度 : +3〜+4
酸度 : 1.3〜1.4
アミノ酸度 : 1.1〜1.1
その他 : 生詰め、瓶燗・瓶囲い
詰口年月 : 平成29年4月(平成28酒造年度酒) 
生産量 : 
発売 : 2017年5月入荷

「西都の雫」という山口県オリジナルの酒米を使用した大吟醸。芳醇な味わいでまろやかにしてキレもいい風格を感じる酒質。

昨年まで、4年連続の金賞受賞。最近の10年間で8度目の金賞受賞の実績。
金賞受賞酒といえば、5,000円以上が一般的な価格ですが、五橋・酒井酒造では、そんなことは言わない!通常の大吟醸価格での販売です。この真摯な蔵の姿勢が酒質にも表れています。

 

山口県で開発された酒造好適米「西都の雫」を原料米に醸した大吟醸酒。「西都の雫」は幻の酒米「穀良都」を母に持ち、優良な好適米「西海222号」を父に持つ。しかもその祖父は「山田錦」という、いわば酒造好適米界のサラブレット。血筋のよさは折り紙付なのです。
ふくらみのある華やかな吟醸香の中に、第一印象に果実様の柔らかな甘味を感じさせる口当たり。全体をキリッと引き締めるシャープな酸味、後を引かないキレの良い苦味、軽快だけれども確かに感じる米の旨味。
心ゆくまでお楽しみ下さい。

 

お酒は20歳になってから
ご注文は【訪問販売法に基づく表記】をお読みの上、メール・FAXでお願いします。