WineList 【 i-1331 】

2018/10/30

アドリア海に面するマルケから
モンテプルチアーノ種のノヴェッロ


 

ガロフォリ社より2018ヴィンテージの状況についてお知らせがありました。

「今年の夏は、昨年に比べてより涼しく、雨もより多く降りました。来週初旬より(9月3日から始まる週)収穫を始める予定ですので、この地域としては大体スタンダードな収穫時期と言えます。昨年は夏が非常に暑く、糖度が上がりすぎないように早くブドウをカットする必要があったため、早めの収穫になりました。今年はヴェルディッキオ、モンテプルチャーノとも質量共に非常に良い出来を期待しています。」

 

 

ガロフォリ
ノヴェッロ
ヴィ・ノーヴォ マルケ

Garofoli
Novello 2018
Vi Novo Marche I.G.T

産地 : イタリア、マルケ州(11)
生産者
: ガロフォリ家
ブドウ品種 : モンテプルチアーノ100%
栽培・醸造 : イエージ周辺の畑で栽培したブドウを早めに収穫して醸造
アルコール度 : 12%(目標値)
ボディ : ライト〜ミディアム
容量  : 750ml
解禁日: 2018年10月30日解禁(10月下旬入荷)
2012年より解禁日が変更になりました。

マルケ州モンテ・コーネロの周辺の丘で生産される上質で選び抜かれたブドウのみを使用しました。 フレッシュで香り高く果実味たっぷりに仕上がっています。 スミレ色がかったルビーレッド色、熟したワイルドベリーの華やかで開放的なテイストです。

ラベルにも描かれているのは、ティニと呼ばれる 昔懐かしい上方開放式の樽を意味するマルケ州の方言です。

  

ガロフォリ家がこの地でワイン造りとその販売を始めたのは1871年でした。
現オーナーのカルロとジャンフランコ兄弟は四代目としてその歴史と伝統を尊び守りながら、ブドウにプラスとなる最新の技術や設備を導入し更なる発展に努めています。
ガロフォリ社はこの地方の土着品種でイタリアを代表するブドウ白はヴェルディッキオ、赤はモンテプルチアーノを中心に栽培し醸造しています。彼らはこの土地で生まれ、この気候と土壌で育まれてきたこれらの品種をこよなく愛して信じ、余計なものや無理な力を加えることなく最大限にその力を引き出し素晴らしいワインを作り続けています。

ヴェッロはイタリア20州全州で造られています。フランスのボジョレ・ヌーボーはガメイというブドウ品種で造られますが、イタリアのノヴェッロはそれぞれの州の特産のブドウを使っていますので、それぞれの州により個性がよく出ます。
マルケ州からは、赤はサンジョヴェーゼとモンテプルチアーノは欠かせません。白はヴェルデッキオとトレッビアーノがマルケの個性です。

 


2018年、入荷予定の新酒一覧 ⇒ 詳細

ご注文は【訪問販売法に基づく表記】をお読みの上、メール・FAXでお願いします。